ブログ

3-2-1 バックアップルールをご存じですか?

このルールは米国でよく知られたバックアップの最低限のルールです。
3ボール、2ストライク、1アウトではありません。
日本国内でも重要なデータのバックアップにはこのルールは暗黙知として遵守されて来ていますが、日本国内での認知度は高くありません。
大事なデータを失ってしまう前に、是非、確認ください。

3-2-1 バックアップ ルールとは

(1)3Copies:原データとその2個のコピーを指します。
(2)2different Media:2種のメディアを指します。
例えば、ディスクとテープ媒体です。
(3)1offsite Copy :別サイトに1個コピーを持つことを指します。

解説しますと、データを喪失しないためには以下の3つのルールを守りましょう。
(1)データ保存の多重度を上げましょう。
→ データ喪失の確立を減らせます。
! 少なくとも3重には持ちましょう。
(2)データを保存を行う媒体またはシステムは複数種を使いましょう。
→ 同じ媒体や同じシステムで多重度をあげても、共通障害があると、
同時に、データ喪失するので、これを防ぎましょう。
! 少なくとも2種類は使いましょう。
(3)データ保存場所は複数にしましょう。
→ 火災の場合は、同一場所、震災の場所は同一エリアにあると
いくらデータの多重化をしたり、保存の仕方を変えたりしても
一度に、データを喪失します。
!少なくとも、一つは、別地におきましょう。

仮想環境下のバックアップを理解しておこう

クラウドなら安心なのか。PCより安全だからいいという方もいます。
あなたが、必要な信頼性は、PCより安全程度でしょうか。
クラウドいろいろです。使用前に必ず確認しましょう。
もし、答えをはぐらかされたら、あなたは、信頼できますか。
詳細に興味を持ったあなた! 是非、情報資産管理マガジン
仮想環境下のバックアップを理解しておこう」を読んでみましょう。

文書戦士
↓ 参考になりましたら、クリックお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村